Harassment issue

Facebook で少し眺めていた某女子部のハラスメント問題。

僕の見ている範囲でこのへんをきっちりしているのは Ruby コミュニティだという印象なんだけど、他のコミュニティでは分からない。

Rails Girls と銘打っているイベントがありつつも僕は Ruby 女子部という勉強会を僕は見たことがない。

絶対的な総数が特定のコミュニティより少ないというのは当然あるだろうけど、それでも Ruby コミュニティはわざわざ「女子部」として切り分けなくても大丈夫だという安心感があるのかもしれない。

また大きなカンファレンスではアンチハラスメントポリシーをハッキリと明示してあるなど、他のコミュニティが行うカンファレンスに比べるとそういう取り組みをしっかりしているという気がする。

実際にハラスメントが起きてしまった場合もしっかりと運営が対処していたりと好感を持てる。

日本の Clojure コミュニティはまだ小さくそういうのを考える段ではないと思うけど、マイノリティに対してもちゃんと配慮していきたいと思う次第です。

追記

実際は Ruby Kaigi 2013 で一度問題とされたので、その後是正されたというのが正しいのですね。

http://geekfeminism.wikia.com/wiki/RubyKaigi_2013_Kawaii_Incident