I talked about ClojureScript stuff at Shibuya-java #12

ネタじゃない ClojureScript 」ということで発表してきた。

渋谷 java は二回目でした。本当は Clojure の話をしたかったんだけど、何故か前回の LT で Scala.js という話があったので ClojureScript も負けてへんという話をしたくてしてきました [1]

幾つか、スライドの補完をしておくと

AltJS というよりも Clojure が動くプラットフォームのひとつとして JavaScript がある、というほうがしっくりくる(気がする)

という発言をしていますが、これはあくまで僕の主観で根拠はないです。強いて言うなら Reader Conditionals などの仕組みに力を入れているからですかね?

Leiningen の開発が下火な中 Boot コミュニティは熱い

また、これに関しては作者が積極的に Leiningen を最近開発していないところから判断しています(最近は PR をちょこちょこ捌いているだけという印象)。勿論 Leiningen はある程度枯れてしまっているし、安心して使うことが出来るツールではあると思うのでそれを使うのが悪いと言っているわけではありません。しかし、 CLJS だけ書くなら Boot の方がオススメですね。

Leiningen 使うなら chestnut テンプレートが良さそう(色々バージョン低いけど…)

これ今回のデモのベースは chestnut で作ったんですが、 Clojure のバージョンがまず低くてつらかったです。いやいやいや…と。なので、誰か今のベターテンプレート教えてください。ちなみに chestnut の良さは figwheel-sidecar を使っていることにあるので、別に自分でそこさえケア出来れば何も問題ないですね、はい。

ClojureScript の微妙なとこ

と書きましたが、わりと真面目に僕はないと思っています。ちょっとデバッグし難いシーンがあるかなーくらい?あんまり苦じゃないし、むしろ普通の JS 書いていた頃に比べると全然楽しいですね。 ファイルサイズはあんまり気にしたことないです。普通に書いた場合は別に大きくならないんじゃないかなーという認識。

また Demo は GitHub に置いておくので適当にどうぞ(若干色々変なので不安定ですけど、まぁ動きます)。

[1]別に張り合う必要もないんだけど、 CLJS の話は本当に日本だとあまり例を聞かないのでこの機会にアウトプットしとこうと思って話をしたかった。